忍者ブログ

蒼の髪と銀の雨

PBW・シルバーレインのキャラクター、「巫名・芹(b40512)」のブログです。 後ろの人の代理人(A)との対話や、SS、RP日記などを書き連ねて行きます。最新記事は右側に。シリーズごとのssはカテゴリに。雑多なものはそれぞれカテゴリにちらばっています。                                                                                                       ―― 一人の努力で、なにものにも耐える礎を築けるだろう。しかし、誰かと共にあれば、その上に揺るがぬモノを建築できるのだ。…しかも楽しい――「音楽の先生」

[73]  [100]  [99]  [95]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [87

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


雪割華(ゆきわりのはな/刀)資料。

◆雪割華(ゆきわりのはな)
薄い蒼色を帯びた日本刀。鍔は無く、僅か(数cm程度)短く作られており、抜打ち及び狭所での取りまわりに優れる。
一切の魔力を介さない場合でも鋭い切れ味を誇り、それ自身が既に名刀。これは殆どの武器に言える事でもある。

◇魔術武器として
 巫名・芹の為に製作された一振り。であるからには当然、本人の魔術特性に最も効率良く適応する。
 単純魔力を付与した場合には切れ味と殺傷力、さらに接触時には魔力を対象に浸透させ内部破壊を引き起こす。これによって、対象は物理的には臓器や周辺組織の損傷、霊的には魔力の破壊・異常変質や「遷移(この場合、対象の魔力が持ち主=芹のものとして振舞う現象。つまり対象内部から魔術攻撃を行える環境であり、元々本人の魔力であるが故に防御・回避が困難とされる)」が発生し、両面から強烈な打撃を加える事ができる。
 魔術防御のできない存在に攻撃を行うとほぼ抵抗無く、そして触れた部分が惨たらしく破壊されてしまうため、「一般的鎮圧」には全く向かない。魔力を付与しなければタダの名刀なので問題ない。
 氷の刃、という言葉を体言しており、高温より低温を付与しての使用により適性がある。冷却系の魔術を付与すれば、斬撃時に対象の魔力を一時停滞させる術式が起動すると同時に、魔力の冷気と氷刃が追撃をかける。魔力を停滞することは即ち魔術防御を不全にさせる(結界や意識的な防御の妨害)為、有力な使い手であっても特性を知らなければ一刀の元に絶命させることができる。所謂「初見殺し」といえよう。
 惜しむらくは、芹は炎と電光、そして純粋魔力関係の想軌に長けており、氷結・冷却はそれほど得意でもない事。もっとも、それを補うための特性ともいえる。

◇詠唱兵器として
 殆どの機能がオミットされる。が、これは巫名家による殆どの武器の共通点である。
 柄頭に装備された小型の詠唱炉が起動し、詠唱兵器としての機能を得る。駆動方式は縦長のタービンを回転させるもので、いわゆる「シロッコファン」を長くしたものに近い。
 この方式の場合は出力の安定、構造単純化による安全性、それらを確保することで素材選択の幅が広がり、開発費用の削減と効率化に優れる。欠点は出力が強くないことと、高出力を発揮する場合には余剰魔力が噴出し、使い手の視界や安全を害するおそれがあることである。
PR

音切奏(おとぎりそう)/刺突剣 | HOME | かたすとろふ。あのときあったこと。

-Comment-

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:


ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[04/30 月子]
[09/18 NONAME]
[01/30 蒼夜]
[01/19 遠山・さくら]
[12/10 コーネリア]

プロフィール

HN:
代理人A
性別:
非公開

バーコード

カウンター

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe