忍者ブログ

蒼の髪と銀の雨

PBW・シルバーレインのキャラクター、「巫名・芹(b40512)」のブログです。 後ろの人の代理人(A)との対話や、SS、RP日記などを書き連ねて行きます。最新記事は右側に。シリーズごとのssはカテゴリに。雑多なものはそれぞれカテゴリにちらばっています。                                                                                                       ―― 一人の努力で、なにものにも耐える礎を築けるだろう。しかし、誰かと共にあれば、その上に揺るがぬモノを建築できるのだ。…しかも楽しい――「音楽の先生」

[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [3]  [2]  [1

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


春と夏の狭間。夜、森の中にて。

 普通、人は迷ったりしないよう、あるいは日没までになんとか帰還しようと試みる。
結果、よりドツボに嵌る可能性も高いのだが、普通はそういう行動を取る。
なぜなら、「行動することにより解決する可能性」を信じているからである。もっとも、これ自体は様々な事柄にいえるのだが。
そして何より、「迷ったり、日没までに帰れなくなる可能性」そのものを回避するのが最も良いとされている。
なぜなら、「迷ったりしなければ、そんな試みは不要になるから」である。せいぜい、普通に帰宅出来る程度の時間を確保するくらいであろう。

 だがもし、それらを考慮して――つまりは、道をそれなりに覚える努力をし、妙な横道に入ったり、転落しないように注意して、さらには懐中時計も確認して――いたのにもかかわらず、迷ってしまった。日没までに帰れる確証がない。というかぶっちゃけ日は落ちた。…そんな状況になると、全く持って予想外の展開に少なからず余裕を奪われ、さらに迷う…そしてドツボの始まりで、さらに焦って…
 そんな遭難スパイラルは、そうそうあるものではない。念入りにしていれば、相当なことが無い限りは、そんな状況にはならない。
それにここは郊外の森である。本当に迷うほうがどうかしていると言える。
昼間には散歩する老人だっているのだ。…当然、ごく浅い部分だろうが。

「…どうかしています…」
蒼い長髪を揺らし、肩にはギターを入れたケース。手には足元を確認するための太い枝。
表情は普段のまま…に、疲労と焦り、そして心細さを滲ませ歩くのは、巫名・芹。銀誓館に通う中学3年。
足取りは重く、余裕のない状況にあることを全身で物語る。
「なんで迷っちゃったんでしょうか…」
全く心当たりが無い。準備は万全だったし、妙な横道などに入った記憶もない。
すくなくとも、「うっかり」迷ったという訳でもない。恐らく。
「…考えても仕方ありませんね」
取り敢えず歩く事にした。座していても、自動的に地面が動いたりして帰れるわけではないのだから。
人が通ったような形跡――踏み固められた地面とか、不自然に折れていたり、採取されている植物とか――を探す。
「……?」
少し遠めに、何か…屋敷らしきものが見えた。しかもかなり大きい。
「…道を訊けそうですね」
希望がはっきりと見えたためか、表情が緩む。
かといって不注意で転んでも嫌なので、ゆっくりと慎重に屋敷へ向かう。

 そして道を尋ねることとなるのだが、よもや、同じ寮の先輩が出てこようとは、このときには夢にも思わなかった。

PR

細かい設定 | HOME | 驚くべき新展開?

-Comment-

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:


ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[04/30 月子]
[09/18 NONAME]
[01/30 蒼夜]
[01/19 遠山・さくら]
[12/10 コーネリア]

プロフィール

HN:
代理人A
性別:
非公開

バーコード

カウンター

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe