忍者ブログ

蒼の髪と銀の雨

PBW・シルバーレインのキャラクター、「巫名・芹(b40512)」のブログです。 後ろの人の代理人(A)との対話や、SS、RP日記などを書き連ねて行きます。最新記事は右側に。シリーズごとのssはカテゴリに。雑多なものはそれぞれカテゴリにちらばっています。                                                                                                       ―― 一人の努力で、なにものにも耐える礎を築けるだろう。しかし、誰かと共にあれば、その上に揺るがぬモノを建築できるのだ。…しかも楽しい――「音楽の先生」

[77]  [76]  [74]  [72]  [67]  [69]  [65]  [58]  [63]  [60]  [62

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


帰路。届かぬ剣。

 薄闇の中でひとり、家路を辿る最中。
「……っ」
 左手を握り、つい数時間前に握っていた剣の感触を思い出す。
 同時に、言葉に尽くし難い後悔、無力感、苛立ち、怒りが湧き上がって来る。
 誰に向けた訳でもない、漠然とした暗い感情。
「…私は、何を」
 何を成しただろうか。何を救っただろうか。
 何を思っていただろうか。何をこの手に掴んでいただろうか。
 結論はすぐに出る。
「……」
 何も成してはいない。何も救ってはいない。
 ただただ理想口ずさみ、何も掴まずに終わっている。
 そうではない。

 見事に彼の吸血鬼の悲願を成させ、自らの命を救う事すら手を借りて。
 不完全な理詰めで解決しようと思い、掴んだのは無力の証。

「私は…何を」
 何をしていたのだろうか。敵を討ち滅ぼす為の力では無かったか。悪意を押し止める為の命ではなかったか。
 無論、命捨てたところで状況は全く好転せず、むしろ困惑をばら撒くに終わっていた事は想像するに難くない。
 だがそれを考慮しても、覚悟が、思慮が、足りなかったのではないか。
 力も、技量も、何もかも。

 唯の一つも甘えが許されない状況において、果たして最善を尽くしたと言える行動を取っただろうか。

「…何も」
 何も、取ってはいない。結果が全てを物語る。
 幾多の命が弄ばれ奪われた館で、今日、確かに”素質ある一般人”の命も奪われ、見返りとして吸血鬼には強大な力が約束されたのだ。
 巫名家の、唯の一術者であれば命を以て償うべきところを、自身は”能力者”という免罪符で逃れてもいる。

 無力故に命を救えず、能力に依らぬ部分で自身の命は守られた。
 撤退すら仲間の援護が無ければ到底不可能で、自分の手で成した事など一つもない。

 さりとて、ただ俯いていても何も変化は起こらない。
「……まだ、終わってない…」
 まだ、命はある。
「…まだ…」
 まだ、力は伸ばせる。
「…」
 もっと、強く。巫名の名を背負うに相応しい強さを。

 元は命を奪う者として育てられる筈だった運命を。
「…受け入れましょう」
 捻じ曲げられた運命の縒りを正し、それに尽力した人々の想いを犠牲にして。
「それでも、強く」
 しかし、その力は奪命の為ではなく、あくまで自身の力に。
「もっと……強く」
 呟くその表情はひやりとした気迫すら纏い、綺麗と言われる瞳は一種の冷気を宿していた。


―寝泊りしている屋敷が近づき、ふぅっ、とそれらの気配が消失する。
”普段通り”、帰宅の挨拶と簡単な世間話を交わし、自室へ向かう。
「…ふぅ」
 一息。過熱しかけていた思考の熱を払い、ギターを手にする。
「落ち着いて、確実に…強く」
 思いだけでは何も解決できない。一時の感情に流されても、何ももたらさない。

 しかし、それを転機にすることはできる。

 命を落とした生徒もいるという。
 彼らへの鎮魂でもなく、贖罪でもなく。
 あてどもない旋律が、森の木々に染み渡って行く。

PR

終焉。響いた声と煙草と | HOME | 灰色回想。夕暮れと地平線と旋律と

-Comment-

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

まずは無事で何より。
私の相棒も一緒だったようだから、気にしていたところだ。

相談は十分に行っただろう?
その中で最善の選択をして実行に移したなら、行動そのものに問題はないさ。
おまえだけが抱え込む事じゃない。

まぁ、依頼に参加していない身の人間があまり口出しする事ではないと思ってはいるけどな。
強さの求め方だけは間違うなよ?
それじゃあ、な。
  • コーネリア
  • 2009/12/10(Thu)00:09:01
  • 編集

無題

原初リベンジ依頼、お疲れ様でした。
失敗……してしまいしまたが、まだ生きています。まだ、戦える。犠牲を出したけれど、これから先、もっと救えると信じて……まだこの心は砕けていないと信じています。
もう一度機会があれば勝てるのか、なんて判らないですけれど……それでも、です。

と、一応になりますが、ようやく背後さんがブログを作りましたので、出来ればリンクとかお願い致します。
……ええ、時期に乗り遅れてバトンとかない訳ですが(苦笑
  • 蒼夜
  • 2010/01/30(Sat)00:40:58
  • 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:


ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[04/30 月子]
[09/18 NONAME]
[01/30 蒼夜]
[01/19 遠山・さくら]
[12/10 コーネリア]

プロフィール

HN:
代理人A
性別:
非公開

バーコード

カウンター

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe