忍者ブログ

蒼の髪と銀の雨

PBW・シルバーレインのキャラクター、「巫名・芹(b40512)」のブログです。 後ろの人の代理人(A)との対話や、SS、RP日記などを書き連ねて行きます。最新記事は右側に。シリーズごとのssはカテゴリに。雑多なものはそれぞれカテゴリにちらばっています。                                                                                                       ―― 一人の努力で、なにものにも耐える礎を築けるだろう。しかし、誰かと共にあれば、その上に揺るがぬモノを建築できるのだ。…しかも楽しい――「音楽の先生」

[85]  [84]  [82]  [81]  [77]  [76]  [74]  [72]  [67]  [69]  [65

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


読ませる話。


まず全く対話ではありません(笑)

 自分はケチなSS書きとして動いてる面も、まあ、一応は無くないのですが、「読ませている」かというと、恐らく全然そんなことはありません。

 知り合いだから、友人だから、SSのキャラ(例えば芹)を知ってるから。

 それは「読ませた」とはいえない理由だと考えています。
 単純に自分に文才が無いのもありますが、その実感を得るのは極めて難しい、というか、例えば今のように先の文章を考えず適当に書いてると、そもそも「読ませる」文章は中々書けません。

 やれ導入部が大切だ、やれキャラに活力が無い、やれ風景が想像できない…誰かに言われるでもないほど、自問自答を繰り返す。
 そんな経験がある方は結構…いや相当いるのではないでしょうか。
 その経験が全く無く、デビューもしていなくて、自分の文を読んでも何も疑問に思ったりしない人は、相当な自信家か、天才か、踊らされている人か、向上心が無いか、もしくは正体不明の何かかもしれません。

 文は誰にでも書けて、SSも実際のところはちょっとした発想があれば書けるものです。続くかは別として。

 そう、簡単で、誰にでもできる。日本人は識字率がとても高いので、何かを読み憧れて、自分で筆なりキーボードなりを活用する事はほぼ誰にでもできます。
 だからこそ、書こう、書きたいと思ったからには面白くて「読ませる」話にしたいところです。…残念ながら自分は好き勝手に書く事を最優先していますが。

 はたして「読ませて」いるのか。読む人の動機はただ単純に「知人が書いたから」「登場人物を知っているから」ではないのか。
 最初の動機としては全く正しいと思います。というか最初の動機でそれらを失くしたら、読むも何も偶然だけになるでしょうし。
 問題は今現在、連作として読んでいる人が惰性で読んでいないか、上記の理由で読んでいないか、という事。
 ざっくり言えば、「魅力的であるか」という事。

 答えは、NOでしょう。
 自分は小説家でもライトノベル作家でもなくて、同人作家でもありません。
 見習いと言えるレベルですらなくて、そのくせ迷走だけは酷い。

 ネガティブなのではなくて、おそらく一つの方向性。半端はよくないのです。
 夢は捨てたら叶わないけれど、持っていたら沈んでしまう事もある。
 つまりこういう事。

「自分には、作家は無理だ」

 呟いて、笑ってしまいました。
 書いている最中は集中していても、書きあがればそこにあるのは陳腐なモノ。大衆向けでも内輪向けでもない、つぎはぎの縫い物のような不細工な代物。
 もしも、これを知人が見せに来たら自分は何と言うだろうか。恐らく恥ずかしくなってしまう。タダの文字の羅列にも劣る、言葉で表せないような「作品」。
 破り捨てるに違いない。もしくは指摘する。吐瀉物を撒き散らすように、不快感を吐き出して。


 簡単に言って、自分は負けました。
 現実と、自分との境界に、屈服しました。
 自分でも読みたいと思わなくなってしまった。では何を書いたのだろうか。
 簡単だ。読みたいと思わないものを書いたのだ。


 最後に。
ここのところ眠れず、睡眠薬を処方してもらって服用していました。
しかしそれで人工の睡眠を得て、起きて、時に腐ったような話を書く。
 それなら、起きなくていい。
 投稿ボタンを押して、自分は眠るだけにしよう。
 人工の睡眠に包まれて、まるでプラスチックのようにそのまま動かなくなる。

 これまでのSSより、余程愉快で面白い話じゃないですか。
 それでは、皆様。


 おやすみなさい。














巫名「……えっ…」
異桐「ということで読ませる話でした」
巫名「!?」
異桐「独り言と見せかけて、雰囲気の違う文章を書く練習だって」
巫名「…睡眠薬?」
異桐「ああ、全部嘘よ。うまく書けんってのは今まさに言ってるけど」
巫名「しかも暗い…」
異桐「最近そんな話続いてるし…つっても日常はそうでもなかったか。面白くなかったけど」
巫名「私の日常をっ!?」
異桐「だって普通にほのぼのしてんじゃん…手直し前なら(ピー)が(ピー)で(ピーー)なる感じだったのに」
巫名「伏せ音!?」
異桐「ところでそろそろリアイベ…戦争だな」
巫名「そうですね…そのあたりは別記事に書くとか?」
異桐「リアイベ前の一言表明みたいなのは面白いしな、そうなるらしい」
巫名「ふむふむ…」
異桐「ってところで今回はおしまい!」
巫名「え、ちょっと待ってくだ」

ガチャン  ツーツーツー…
PR

聖女戦線アリストライアングル | HOME | 日常。巫名・芹の場合。

-Comment-

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

不破「…くそぅ…読まされた…(お前は何か色々間違ってないか)」
  • NONAME
  • 2010/09/18(Sat)23:12:14
  • 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:


ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[04/30 月子]
[09/18 NONAME]
[01/30 蒼夜]
[01/19 遠山・さくら]
[12/10 コーネリア]

プロフィール

HN:
代理人A
性別:
非公開

バーコード

カウンター

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe