忍者ブログ

蒼の髪と銀の雨

PBW・シルバーレインのキャラクター、「巫名・芹(b40512)」のブログです。 後ろの人の代理人(A)との対話や、SS、RP日記などを書き連ねて行きます。最新記事は右側に。シリーズごとのssはカテゴリに。雑多なものはそれぞれカテゴリにちらばっています。                                                                                                       ―― 一人の努力で、なにものにも耐える礎を築けるだろう。しかし、誰かと共にあれば、その上に揺るがぬモノを建築できるのだ。…しかも楽しい――「音楽の先生」

[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


巫月蒼露・より細かいトコロ

設定は別項にて。

◆2尺5寸の日本刀。刀身に微かに蒼い光を纏う。
◆やや大振りではあるものの、重量バランスが絶妙で、かなり扱い易い。
◆鍔は無く、反りが通常の刀に比べわずかに浅い。刃紋は直刃。
◆詠唱兵器という性質と、施された強化魔術により、適当に振り回してもそれなりに強い。(当然、日本刀らしい扱いが最も有効である)
◆術式を放つ準備として、この刀を振るいながら(あるいは振りかざし)魔方陣を形成することにより、その威力を向上させる効果がある。(=魔弾の射手
◆術式を刀身に宿し振るうことも可能で、この場合、術式の力を持った斬撃となる(炎の魔弾なら火炎の一撃。雷の魔弾なら雷撃の一閃。破魔矢は「より早く、強烈な一撃」のように、性質を引き受けた攻撃となる)。うまく使用すれば、非常に強力な一撃となる。
*ただし、普通に放ったほうが確実で扱いやすいために、芹はこの効果を通常使用しない。
◆術能力の使用時に、刀身が共鳴するように蒼い光の明度が増す。

以下、代理A談
大元のイメージは「抜けば玉散る氷の刃」らしい。南総里見八犬伝のアレだな。
実際にはあくまでイメージみたいなもので、「蒼い」=「氷の刃」という程度しか感じられないが…
鍔が無かったり反りが浅めだったりするのは、「他の刀使いの人との差別化」らしい。…絵師さん困るだろこれ。
どちらかといえば、魔術向きの補助武具みたいな感じになっているようだな。術師じゃなくても充分な性能だろうけどさ。
さて、今日はこの辺りで失礼するかな。…みたいテレビがあるんだよ。

んじゃ、また会おうか。銀色の雨が降る、この世界で。
PR

銀糸のロングコート | HOME | 祝!BU完成っ(遅

-Comment-

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:


ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[04/30 月子]
[09/18 NONAME]
[01/30 蒼夜]
[01/19 遠山・さくら]
[12/10 コーネリア]

プロフィール

HN:
代理人A
性別:
非公開

バーコード

カウンター

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe