忍者ブログ

蒼の髪と銀の雨

PBW・シルバーレインのキャラクター、「巫名・芹(b40512)」のブログです。 後ろの人の代理人(A)との対話や、SS、RP日記などを書き連ねて行きます。最新記事は右側に。シリーズごとのssはカテゴリに。雑多なものはそれぞれカテゴリにちらばっています。                                                                                                       ―― 一人の努力で、なにものにも耐える礎を築けるだろう。しかし、誰かと共にあれば、その上に揺るがぬモノを建築できるのだ。…しかも楽しい――「音楽の先生」

[86]  [85]  [84]  [82]  [81]  [77]  [76]  [74]  [72]  [67]  [69

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


聖女戦線アリストライアングル


 さらり、と風が抜ける。
 ぴしゃり、と血が吹き上がる。
 涼やかに吹き流れ。
 鮮やかに乱れ咲き。
 手には剣、血の臭いは染み付かず。
 口には術、命の灯火吹き払い。
 
 それがあるべき姿だ。
 それがあるべき姿か。

 蒼き子は何を見る。
 蒼き子は何処へ行く。



 行く先は地獄しか無いと、わかりきっているのに。








 アリストライアングル。
 どこかばかげた響きの言葉は、今週末の決戦を表す言葉。
「…聖女、アリス」
 吸血鬼に寝返り、銀誓館を翻弄し、ついに尻尾を捕まえた、その”聖女”の名を口にする。
「今度は、逃がしません…!」
 続く呟きは強く、決意の意思を込めて。
 必ず、そう必ず。
「……捕らえます」
 その言葉には違和感。妙なざわめきとかすかな高揚、そして暗い感情を胸中に感じる。
 このところ、そういったことが良くある。…「森」での一件から、だ。
「――ふぅ…もう、随分前のことなのですが…」
 あれから、自分の姿をした敵も、それを擁するであろう勢力も不気味なほど沈黙を保っている。
 だが、不気味なのはそれだけではなかった。

 簡単に言うと、殺意や敵意といったものが胸中に居座ったかのように、時としてひどく心が冷え込むようになったのだ。
 戦闘の中でそういった状態になることはあれど、今のように敵を意識しただけでそうなるのは、「森」での戦闘以前には無かったことだ。
「私は…一体…」
 自分が元々、どう育てられる存在だったかは理解している。
 だが、それにしても不可解である。なぜ、今頃になってこのような感情が渦巻いているのか。
「……」
 無言で剣を振るう。決戦に向けて。
 舞うように、しかし容赦は無く。

 勝利を目指す、舞踊の如く。

 しかしその内に、ひとかけらの闇を抱えて――



 決戦は、もうすぐ。
PR

報告書。巫名・芹 | HOME | 読ませる話。

-Comment-

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:


ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[04/30 月子]
[09/18 NONAME]
[01/30 蒼夜]
[01/19 遠山・さくら]
[12/10 コーネリア]

プロフィール

HN:
代理人A
性別:
非公開

バーコード

カウンター

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe