忍者ブログ

蒼の髪と銀の雨

PBW・シルバーレインのキャラクター、「巫名・芹(b40512)」のブログです。 後ろの人の代理人(A)との対話や、SS、RP日記などを書き連ねて行きます。最新記事は右側に。シリーズごとのssはカテゴリに。雑多なものはそれぞれカテゴリにちらばっています。                                                                                                       ―― 一人の努力で、なにものにも耐える礎を築けるだろう。しかし、誰かと共にあれば、その上に揺るがぬモノを建築できるのだ。…しかも楽しい――「音楽の先生」

[69]  [65]  [58]  [63]  [60]  [62]  [50]  [57]  [54]  [53]  [51

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


主装。誰が為に君は往く。

異桐「さて…ここでは、芹が主に使う武器…及びその予定の武器を紹介する」
巫名「思いのほか色々あるようですね…驚きです」
異桐「…まぁ、ふつーに刀一本でやりくりしてるから設定のみの装備が増えちまうんだよな」
巫名「そうですね…他の何名かの方々と違って一刀流ですし、種類も必要ないですし…」
異桐「あとはまぁ、ちょこちょこ設定変わるからな。纏めとくと良いと思ったんだよ」
巫名「それもそうですね」
異桐「つーわけでれっつごー」

(随時追加される予定です)


刀剣の部


其の一
雪割華 ~ゆきわりのはな~ (刀)

 巫名家で鍛造・施術強化される刀剣類は重量バランスに優れ、優秀な武器性能と魔術増幅効率を誇る。
 その血塗られた歴史と刀匠・術師の間で引き継がれる伝統。そしてそれらをさらに研ぎ澄ませる為の終わり無き研鑽が、素晴らしい切れ味と驚異的な耐久力、そして魔術特性を備えた逸品を生み出しているのである。

”雪割華”と名付けられたこの刀も例外ではなく、さらに”力ある者”巫名・芹の為特別に打ち出されたうちの一振りである。
 巫名・芹が扱うものの象徴とも言える”白蒼の刃”を持つこの刀は、取り立てて特殊な形状を持ってはいない。せいぜい、やや大振りといった程度である。
 だが、あたかも”氷の刃”の如き鋭い切れ味を持ち、また非常に大きな魔術的キャパシティ及び増幅能力を備えるこの刀は、間違いなく当代の特一級品であると言えるだろう。


――そして恐らく、次に生まれる刃はこれを凌駕するのだ。それが、”巫名”の刀匠達である。



射撃の部


其の一
詠唱和弓:蒼祓・弐式 ~えいしょうわきゅう:あおはらえ・にしき~

 黄櫨(ハゼ)と鰾膠(にべにかわ)で製作された伝統的な和弓に、幾重もの魔術強化を施し、握りに詠唱動力炉を仕込んだ魔術武器。
 貫通力と命中時の殺傷力を重視しており、機動力は犠牲になるが強烈な一撃を素早く、正確に放つ事が出来る。
 当然のように魔術武器としても強力で、1.弓で魔力を増幅し、2.矢に魔力を流し込み、3.射撃する事で増幅にかかる時間と魔力の無用な放散を極限まで低減している。
 強力な魔術結界をも貫徹しうる速度と威力を併せ持ち、さらに魔術特性も強力なこの弓は、現在10張程度が巫名家の射手に配備され、敵対する組織を恐怖させている。
 なお、巫名家射手に配備されている蒼祓・弐式には詠唱動力炉は搭載されておらず、かわりに特殊な矢を使用して威力を底上げしている。

 また余談だが、蒼祓・壱式は駄作の極みであったという。


其の三
Hunting Bloom
 ~ハンティング・ブルーム~ (銃器)

 さる弾幕使いより贈られたガン・ロッド。巫名・芹に最適なチューニングが施され、さらには精巧かつ剛性の高い構造が仇となったのか、巫名家技師にさっそくいじられたという経歴を持つ。
 基本形態での形状はオリジナルと殆ど変わらないが、魔力を籠め回転させることで、ストック内部のスロットルが反応し形態が変わるという機構が追加されている。

 なお、全ての形態において発射される魔力弾は蒼色である。

◆ライフルモード
 通常の形態。弾倉制限が無く、精度も良い。いわゆるバトルライフルのような状態。
 セミオートの単射と2~5バースト射撃をサポートし、近距離から中距離において非常に扱いやすい性能を持つ。
 反面、やや重量があるため近接戦には向かず、サイドアームズか白兵武器での対応が望ましい。
 また所持者の魔力を変換する機構の為、多量の連射には向いていない。フルオート射撃が実装されていないのもこの為である。

 有効射程は最大500m程度(アンオフィ。勿論本編では20m)。狙撃時には低倍率の魔術式スコープを取り付け、より正確な射撃を可能とする。

◆ショットガンモード
 散弾形態。マガジン式で特殊な弾薬を使用する。装弾数は7発。やや大振りになり、フォアエンドがショットガン仕様となる。
 ポンプアクションとセミオートの両方をサポートし、魔力制御によりチョーク(絞り)の調整まで可能。発射される散弾は80発程度で、その全てが魔力弾である為殺傷力はかなり高い。
 散弾は近距離で最も殺傷力が高くなるよう調整されているため、距離が遠くなるほど減衰し、最終的には消滅する。このため、近距離で威力を発揮する形態である。

 有効射程は最大60m程度。専用の魔力スラグ弾を用いる場合は大幅に伸び、およそ300m程度までは高い殺傷力を維持できる。
 また魔力式投光機(最大出力1500ルーメン)を装着する事で、絞りによる着弾範囲を視覚的に認識しやすくでき、さらに相手の目眩ましにも有用である。

◆マシンガンモード
 連射形態。形状としてはマシンガンよりアサルトライフルに近い。やはりマガジン式で、連射に適した弾薬を使用する。装弾数は50発と300発ドラムマガジンの選択式。また形状は若干小ぶりになる。
 セミ・フル・2~5バースト射撃をサポートし、高い面制圧力・殺傷力を誇るが、精度はライフルモードに比べやや低く、単発あたりの威力も一歩譲る。
 それでも通常の運用には必要十分な性能を持っており、数を叩き込むことで威力は十分にカバーできる性能を備えている。何より面制圧力は時に極めて有効である。

 有効射程は最大で400m程度。反動は一般的な拳銃クラスなので取り回しにも優れている。

◆スナイパーモード
 狙撃形態。単発のコストが最も高い魔力実包を使用し、マガジンあたりの装弾数は10発。全長が長くなり、中~高倍率の魔力式スコープが標準搭載される。
 極めて高い精度と貫通力・殺傷力を誇り、特別に強力な障壁でもない限りはものの一撃で貫徹・対象を殺害できるほどであるが、対象によって威力を調整された実包を用いる事も可能。
 さらに精度を高める為のボルトアクションモードと、やや精度は落ちるものの連射のしやすいセミオートモードに分割されている。
 この手の銃にしてはやや反動が大きい上、それを押さえる為重量がより増している為近距離射撃には不向きである。

 最大有効射程は2000mにも及び、そのうち1000mは必殺距離である(胴体狙撃時)。
スコープは4倍から24倍までの無段階ズームであり、魔力操作によって瞬時に切替・ゼロインが行われる仕組み。
PR

棒渡し。恋愛予想のススメ。 | HOME | 過去時流。秘める想いと忍ばせる刃。

-Comment-

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:


ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[04/30 月子]
[09/18 NONAME]
[01/30 蒼夜]
[01/19 遠山・さくら]
[12/10 コーネリア]

プロフィール

HN:
代理人A
性別:
非公開

バーコード

カウンター

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe